MADE IN JAPAN / MADE BY HUMAN

婚姻届のいろは

デザイン婚姻届を選んだものの法的に認められない書式で提出が受け付けられず提出日がずれてしまった…そんなことがないように。当店の商品は行政書士監修のもと作られており、役所への提出が可能であることがしっかり確認されておりますので、安心してご購入ください。
※法的有効性を法務局にて確認済みです。

書き方

  • 1.書き方
    記入日ではなく、婚姻届を提出する日付を記入。
    戸籍に婚姻日として記載されるから、こだわる人も多いはず。
  • 2. 氏名
    旧姓で記入。戸籍謄(抄)本と同じ漢字を使用して。
  • 3. 住所
    結婚前の住民票のある現住所を記入。
    ただし、婚姻届と一緒に転居・転入届を提出する場合は新しい住所を記入。
  • 4. 本籍
    結婚前の本籍地と筆頭者を記入。
    わからない場合は『本籍の記載のある住民票』を取得して。
  • 5. 父母の氏名・続き柄
    父母が結婚している場合は、母親の氏の記入は不要。
    続き柄は、長→二→三→四と続く。
  • 6. 婚姻後の氏、本籍
    「夫の氏」か「妻の氏」のいずれかにチェック。
    本籍地は日本国内であればどこに設定してもOKだが、書類の取り寄せを考えると、新住所や実家にしておくのが無難。
  • 7. 同居を始めたとき
    結婚式をあげた日、同居を始めた日、いずれか早い方を記入。
    どちらもまだの場合は空欄にする。
  • 8. 初婚・再婚
    初婚か再婚かをチェック。
    再婚のときは、離別・死別の日付も記入。
  • 9. 同居を始める前の
    夫婦それぞれの世帯の仕事
    6つの分類の中から、当てはまる項目にチェック。
  • 10. その他
    未成年が婚姻する場合は、父母(養子の場合は養父母)の署名・捺印が必要。
  • 11. 届出人
    旧姓で必ず本人が署名・捺印を。
    もし二人の結婚前の氏が同じでも、別々の印鑑を用意して。
  • 12. 証人
    成年二名の署名・捺印が必要。ご親族に証人になってもらうこともできるが、自分と同じ氏の場合でも、その方自身の印鑑を用意してもらって。

記入に際して注意したいこと

  • ボールペン以外で書いても大丈夫でしょうか?
    鉛筆やシャープペンなどの消せる筆記用具の使用は認められていません。
    したがって、消せるボールペンも認められていないのでご注意ください。
  • 印鑑はシャチハタでも大丈夫ですか?
    シャチハタの使用は認められていません。100円ショップで販売されている印鑑の使用は可能ですが、量産品であるためおすすめいたしません。

届け出に必要なもの

  • 婚姻届
  • 身分証明書
  • それぞれの印鑑 ※結婚前の本籍地のある市町村役場に
    婚姻届を提出の場合、該当者は不要。
  • 戸籍謄(抄)本
  • 転出証明書 ※婚姻届と転入届を同時に提出する方のみ。
ページの先頭へ