名塩和紙(兵庫県西宮市)でオリジナル婚姻届をつくるために

谷徳製紙所

先日、『名塩和紙(兵庫県西宮市)』でオリジナル婚姻届をつくるために『谷徳製紙所』さんにお邪魔してきました。

和紙の工場は人里離れた場所にあることも多いのですが、谷徳製紙所さんは市街地にあったので、逆に探し当てるのに苦労しました(;´・ω・)

谷徳製紙所の谷野さんによると、名塩和紙は紙料液に泥を混ぜて漉くのが特徴で、シミやシワが付きにくいだけでなく、虫も付かないんだそうです。

また、泥を混ぜて漉くには特殊な技術が必要なため、藩札として使用されていたとのことでした。

シミやシワが付きにくいということで『新婦さまがいつまでも美しくありますように』との願いを込めて

また、虫が付かないということで『新郎さまに悪い虫が付きませんように』との願いを込めて

名塩和紙でオリジナル婚姻届を作れたらと思っています。

ということで、ただいま名塩和紙でつくったオリジナル婚姻届を取り扱っていただける兵庫県内の結婚式場さん等を募集中です!

ご興味あれば、お問い合わせください☆

 

日本で初めて和紙製オリジナル婚姻届をつくった『婚姻届工房KUKURI』の若山でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

オシャレで可愛いオリジナル婚姻届(デザイン婚姻届)専門ネットショップ『婚姻届工房KUKURI』の管理・運営をしています。 オリジナル婚姻届は、3枚1セットになっているので、市区町村役場に提出するだけでなく、結婚式・披露宴のアルバムと一緒に保管したり、ご両親にプレゼントしたりすることできます。