婚姻届のデザインは非常に多くの種類があります。好みの1枚を選びましょう。

婚姻届header画像

婚姻届の種類
婚姻届には以下の種類があります。

  • 全国の役所に置いてあるスタンダートな書式
  • 一部の自治体が用意しているご当地版
  • ゼクシィなどのオマケで付いているタイプ
  • ネットからダウンロードできるオシャレな書式

 

婚姻届は、決められ項目と用紙のサイズが合っていれば、どの書式でも問題ありません。

 

昨今はSNSへの投稿、結婚式で使うオリジナルムービーへの使用、自分たちへの記念用を残す目的などでスタンダートな書式ではなくオシャレな婚姻届を活用する方が増えています。

 

婚姻届の選び方

デザイン婚姻届まず最初に役所で入手できるスタンダートな書式か、オシャレな書式のどちらにするか選びます。

 

婚姻届の写真や提出者の控えを記念に残す必要がなければ、スタンダートな書式を選ぶ方が多いです。
役所に足を運ばなくてもホームページ等でダウンロードできます。

 

提出する役所のホームページでダウンロードできない場合は、他の役所のホームページや、その他のサイトで用意している書式でも問題ありません。

 

デザイン性を重視する場合は、記入欄は共通なので、枠外のデザインが選ぶ際のポイントになります。
婚約者と話し合いをして、自分たちに合った書式を選びましょう

 

オリジナル婚姻届作成の注意点

婚姻届は用意のサイズ(A3)と決められた必須項目があれば、手作りしたものでも問題ありません
必須項目が抜けていると受理されないので、イチから作るよりも無料のテンプレ素材をダウンロードして、自分ならではのデザインにアップデートするとよいでしょう。

 

厳密に言うと、記入欄には余計な装飾をするのはNGですし、各項目でしっかり読み取れる入力欄の大きさを確保しないといけません。
しかし、役所のスタッフも細かい指摘をして不受理にするのを極力回避したいと思っているので、常識の範囲内で処理する役所のスタッフが読み取れる内容であれば問題ありません。

失敗しない婚姻届の描き方はこちら

ご当地婚姻届の探し方

手をつなぐカップル自治体公式のご当地婚姻届は大きく分けて役所のみで入手できるものと、ゼクシィの運営する「まちキュン ご当地婚姻届」のサイトで公開している
ゼクシィと自治体がコラボしたタイプの2種類があります。

 

全国の自治体から気に入った書式を探す方法もありますが、基本的には住んでいる地域や生まれ育った故郷のご当地婚姻届を使うのがセオリーです。

 

役所のホームページやまちキュン ご当地婚姻届のサイトで、ゆかりのある自治体のご当地婚姻届がないかチェックしてみましょう。
自治体から直接入手できるタイプは、複写式になっていたり、結婚証明書を一緒に発行できるタイプなどがあります。

 

 

おわりに

キャンドル婚姻届はフォーマットを選べる時代に変わりました。
デザインにこだわった婚姻届が爆発的に流行した時期に比べると、強いこだわりを持つ人は減りましたが、女性達には根強い人気があるようです。

 

なかには、SNSや結婚式で流すムービーでかわいい婚姻届を登場させ、多くの人に見てもらいたいと使用を決めるカップルもいるようです、もちろんスタンダートな書式を好む方もいます。

 

決まったルールはないので、テンプレ素材やご当地婚姻届などを幅広く比較し、オリジナル作成も選択肢に入れて検討してみてください。
デザインにこだわると、記念になるだけではなく婚姻届を書く作業が事務的ではなく楽しく進められるメリットもあります。