国際結婚は出身国の在日大使館や領事館で発行する婚姻要件具備証明書が必要になります。

婚姻届header画像

外国の方との結婚の婚姻届の提出法

国際結婚外国の方との結婚は、婚姻届の提出方法が少し複雑で注意点も多くなります。

 

日本人同士の結婚とは違う注意点とポイントは次の通りです。

  • 婚姻要件具備証明書を用意する
  • 国籍や条件によっては日本とパートナーの国の双方で婚姻届を出す必要がある
  • 外国籍のパートナーと結婚する場合、日本の婚姻届はサインのみでOK(印鑑不要)
  • 証人は外国人でもOKだけど日本に住民票がある人を選定する
  • 外国人配偶者の氏を名乗る場合は婚姻届提出から「外国人との婚姻による氏の変更届」を提出する(※6ヶ月以後は家庭裁判所への申請で氏を変更できます。)

 

 

婚姻要件具備証明書とは

各国の大使館日本で外国籍のパートナーと婚姻届を提出する場合は、婚姻要件具備証明書の提出が必要です。

 

出身国の在日大使館や領事館で発行する書類で、日本語訳も必要になります。
国によっては発行されないケースもありますが、必ず一度問い合わせをするようにしましょう。

 

発行までの期間は3日程度ですが、必ず事前アポが必要です。近くに発行元がある場合も一度電話問い合わせをすることから始めてください。

 

直接問い合わせすれば難しいことはないですが、行政書士に依頼することもできます。
不安がある場合や問い合わせしても、自力での手続きが難しいと判断したら、専門性の高い行政書士事務所に相談してみてください。

 

なお、日本より先に海外で婚姻届を提出する場合は、日本人が婚姻届を提出する国の日大使館や領事館で婚姻要件具備証明書を発行する流れになります。

 

 

日本語訳の方法

基本的に婚姻要件具備証明書をコピーして、手書きで日本語訳を記入します。

 

外国語を読めない担当スタッフでも意味が分かる程度の通訳で問題なく、日本語訳をする人は有資格者である必要はありません。(本人でOK)

 

なお、日本語訳を記載したコピーについては、翻訳者名、翻訳した日付、翻訳者の住所(一部自治体のみ)を記入する必要があります。

 

提出する際はパスポートもお忘れなく

日本人と外国人が日本で婚姻届を提出する書類は次の通りです。

  • 婚姻届
  • 戸籍謄本(日本人が本籍のある市区町村へ婚姻届を提出する場合は不要)
  • 婚姻要件具備証明書
  • パスポート

国際結婚は外国籍を証明するパスポートが必要です。
日本のパスポート

 

また、婚姻要件具備証明書は外国発行は3ヶ月以内、日本発行は6ヶ月有効期限があります

 

婚姻届自体の不備は役所ですぐに修正できますが、添付書類や提示書類で不備がないように注意してください。

 

 

夜間や休日でも出せる

外国人との結婚でも夜間や休日の時間外に婚姻届を提出できます

 

ただし、時間外での提出をすると、提出した役場に後日足を運ばないといけません

 

こだわりがある日を結婚記念日にしたい場合は、時間外で提出することができますが、2度手間になるため窓口の営業時間内に提出する方の比率が高いです。

 

ちなみに婚姻届を提出できる役場は本籍地か居住地のいずれかです。時間外の提出をする場合は、再度足を運びやすい方の役場を利用しましょう。