授かり婚では、母体のためにも出産より結婚を優先して進めるべきです。

婚姻届header画像

赤ちゃんのいるお腹をさする妊婦

結婚前に妊娠が分かるいわゆる「授かり婚」。

 

女性は出産のための準備でさまざなな手続きが増えるため、入籍するタイミングがなかなかつかめない時もあります。

 

そもそも、授かり婚の場合は、結婚を急ぐべきでしょうか?

 

授かり婚の場合は早めの入籍を

授かり婚の場合は、入籍だけはなるべく早めに済ませておくのが良いでしょう。
女性はこれから大事な出産が控えていますから、万全の態勢に整えたいところ。

 

中途半端な状態のままですと、妊婦の精神衛生上あまり良いとは思えません。
特に、妊娠初期は体も心も不安定になりがち。

 

いつ入籍するのかな」などと考えることがストレスになる可能性もあるので、妊娠が分かった段階でなるべく早く入籍の日取りを決めてしまうのが得策と言えるでしょう。

 

 

 

また、母子手帳の受け取り時に入籍していないとなると、氏名の欄は旧姓のままになる可能性が。
近年では入籍をしていなくても、パートナーの姓に変えてもらえる場合も多いのですが、全ての自治体に適用されるわけではありません。

 

新姓で母子手帳の発行ができても、戸籍上は旧姓であることに変わりはなく、やはりどっちつかずで落ち着かない気分になってしまう人も多いでしょう。
これらのことを踏まえると、やはり母子手帳の受け取り前までには入籍をしておくのがよさそうです。

 

 

最低でも子どもの出生前には入籍する

婚姻届の上で重なり合う二本の指輪

もしも妊娠初期や中期での入籍が難しくても、子どもの出生前には婚姻届けを提出することをおすすめします。

 

なぜなら、未婚のまま出産すると、出生届をはじめとする子どもに関する手続きは非常に大変になるからです。
父親の子どもへの認知が必要ですし、児童手当の受け取り年金保険の手続きなどは旧姓のまま登録されることになるため、後から入籍して名義変更をする手間まで考えると、とても効率的とは言えません。

 

妊娠・出産は女性にとって大変な出来事ですが、パートナーの力も借りて、出生前までの入籍を心がけましょう。

 

 

どのタイミングで入籍するべき?結婚式は?

入籍のタイミングを計りかねる女性

妊娠が分かった後の結婚は、とにかくバタバタになりがち。

 

入籍の前にはまず、お互いの両親への挨拶、結婚報告などを済ませなければなりませんし、両親同士の顔合わせの場も設けるべきでしょう。
その際に結納を行う場合は、結婚指輪の準備も忘れずにしておきましょう。

 

自分とパートナー、そして両家の人たちがそれぞれ結婚について認知したところで入籍をするのがベストです。
あとはお互いの記念日や誕生日などとタイミングが合えば、その日に婚姻届けを提出してはいかがでしょうか?

 

子どもが生まれる前に結婚式を望むなら、その期間に並行して式場のリサーチや式の準備もはじめておくと良いですね。
ただその場合は、お腹が目立ってきたり体調が変化しやすくなったりと、自分の頑張りだけではどうしようもないことが起こる可能性があることも頭に入れておきましょう。

 

 

まとめ

授かり婚の場合は、通常よりもバタバタと忙しくなりがちです。
しかし、自分の体と生まれてくる子どものために、済ませておくべきことはきちんとスケジュールを組んで、計画的に物事を進めていきましょう。

 

婚姻届を出す上での注意点・失敗事例まとめ